最強のプラスチック溶接

日本の自動車修理業界に革新を!! エンドユーザー様にオーバーコストを抑え、確かな完全な修理で、コスト削減をご提案。自動車補修の作業性向上により利益確保を確立・・・。

あらゆる全てのプラスチックパーツの完全なる修理のご提案及びトレーニング、自動車修理業界の発展底上げ及びエンドユーザー様の選択肢の拡充

自動車修理の探求心から・・・・。

修理工場に完全なるプラスチック修理のご提案

新品の価格が低価格なバンパーを直しましょうということは、ご提案は、致しません。高額なバンパーで、ほんの一部分が、亀裂が入っていたり、絶版パーツで、どうしても直さなければならないが直せない・・・。という状況、高額なヘッドランプの取付部が折れてしまってもしっかりとした修復が出来なく、修理を思いとどまって、エンドユーザー様に修理のご提案が出来ない・・・。等の状況を、改善、ご提案致します。

2019年度には、産廃料金が通常の倍額に・・・。

更には、中国廃プラスチック輸入規制により、産廃料金が、高額に膨れ上がってきている状況になってしまっています。廃棄物を出さない修理の重要性は、ないがしろにはできません。

更には・・・。

プラスチック素材が外板にも普及・・・。

自動車の外板部も、フロントフェンダーパネル、バックドアパネルがプラスチック素材の車も各自動車メーカーが販売してきており、多く普及してまいりました。鉄板の完全なる修理は、日本でも普及しておりますが、プラスチックパーツの完全なる修理は、日本では、全く普及していない状況でした。

これは使える・・・・。

私は、自動車修理業に携わり29年が経ちました。自動車部品の数々のプラスチック修理をこなしました。私の修理は、ステンレスワイヤーを埋め、上に同素材の製品の破片を溶かし込んで形成するという、手法でした。しかしながら、応力が集中する部分は、強度不足の様に感じていました。ある日凄い企業があるとの情報を入手し、樹脂修理に特化した企業ポリバンス社があるのを知りました。私は、製品を輸入し試してみました。結果はありえないぐらい良く、驚きを隠せませんでした。更には、窒素溶接機があり、プラスチック修理を特化したとてつもなく素晴らしい企業だということを経験があるがゆえに、感じ取れました。その時、日本の自動車修理業界は、技術革新が必要だと思いました。それから、熱烈な、思いを、ポリバンス社の代表カート ラモン氏との話し合いの末、日本へ普及することが現実化できたのです。

最強のプラスチック溶接をあなたに・・・。

ハイクオリティー&時短を兼ねそろえた製品です。日本では、これほど考えられた製品は、今までありませんでした。今後の日本の自動車修理業界は、激変していくことでしょう。自動車の修復は、鉄板だけの修理だけでは、ないのですから・・・。