ラインナップ

ポリバンス プラスチック窒素溶接システム

プロフェッショナルな修理を手に入れる喜び・・・・。

各製品のラインナップ

ポリバンス Nitro-Fuzer ® Welders窒素プラスチック溶接機ラインナップ

ポリバンスは2006年に衝突修理業界で窒素プラスチック
溶接機を最初に商品化し、それ以来この技術の開発を主
導してきました。 8000シリーズ(日本仕様は8000-Jシ
リーズ)のNitro-Fuzer®溶接機は、ポリバンスの6代目の
機種であり、使用しやすい新しい技術革新と、10年以上
にわたりポリバンスの樹脂溶接機を業界で最もポピュ
ラーで多くの実績ある機能と組み合わせています。
窒素発生器とデジタル制御を備えたハイグレードモデル
8203-Jから基本的な手動制御の8002-Jまで、8000シ
リーズの溶接機はあらゆる店舗とあらゆる予算に対応し
たオプションを提供します。 最もポピュラーなモデルに
は、頑丈な米国製の溶接カートが含まれますが、作業台
で使用する為のスタンドアロンモデルもございます。
8000シリーズのすべての溶接機には、ポリバンス社が開
発した特許出願中の新技術が組み込まれており、溶接機
のメンテナンスと使用が容易になります。すべての溶接
機はクイックチェンジホースと配線アセンブリを備えて
いるため、破損したトーチハンドルまたはホースを簡単
に交換できます。簡素化されたメンテナンスはダウンタ
イムを短縮し、生産性を維持します。さらに、8000シ
リーズのすべての溶接機には、自動低流量電力遮断保
護、ユーザーがプラスチックの厚さに合わせて流量を調
整できる精密流量バルブ、および再現性のある性能を保証
する直読流量計が含まれています。
2つのモデルには、窒素ボンベの必要性を排除した、オン
ボード窒素発生器の究極の便利さが含まれています。予
算が限られている店舗では、8202-Jは自動化された空気
から窒素への切り替えを行い、窒素ボンベガスの無駄を
省き、最先端の8203-Jとほぼ同じ利便性を実現していま
す。
8000シリーズの溶接機はすべて、発熱体を除くすべての
部品が2年間の「バンパートゥーバンパー」保証でカバー
されています。
ポリバンスは、I-CAR Industry Training Allianceで承認さ
れた唯一の実践トレーニングコースを提供しています。
日本では、JARWA 日本自動車 車体補修協会が同実践ト
レーニングを承認し、ポリバンス樹脂溶接機種を推奨し
ています。ポリバンスの樹脂溶接機で生産性と利益を向
上させましょう。

ポリバンスは、アメリカにて1981年に設立されました。窒素プラスチック溶接を商用化した最初の企業になります。2006年以来ポリバンスは、多くの窒素プラスチック溶接を提供し多くの技術者にプラスチック溶接機の技術を普及させてきました。ポリバンスが、最先端の窒素プラスチック溶接を製造し業界で最高品質のトレーニングを提供することを可能にしています。日本では、ポリバンスの製品並びにプラスチック溶接技術を有限会社ティークラフト プラスチックリペア事業部 樹脂リペア.com が普及させてまいります。日本の修理業界の発展のお役に立てれれば幸いかと思います。

ポリバンス 窒素プラスチック溶接システム

8203-Jジェネレーター付きNITRO-FUZER®窒素プラスチック溶接機

8203-J Nitro-Fuzer®は、Polyvanceの最新のプラスチック溶接装置と最新のNitrocell窒素発生器を組み合わせたものです。このシステムには、実質的にあらゆる種類のプラスチックの強力かつ迅速なプラスチック修理を即座に生産するために必要なすべてが含まれています。窒素ガスを使用してプラスチックを溶接すると、プラスチックが加熱されている間に酸化がなくなるため、優れた強度の結合が作成されます。8203-J Nitro-Fuzer®は、窒素ガスの連続フローを使用することで、窒素プラスチック溶接を簡素化します。圧縮空気源をなくすことにより、溶接機は常に100%の窒素で稼働でき、空気から窒素に切り替える必要がなくなります。窒素のみを使用すると、酸化が減少するため、発熱体の寿命が長くなります。さらに、Nitrocellジェネレーターシステムにより、窒素が不足する心配なく、最強の溶接を行うことができます。

8203-Jは、実質的にあらゆる種類のプラスチックを溶接できる技術的に進歩したプラスチック溶接機です。アナログ流量計、精密レギュレーター、およびデジタルでエンコードされた温度制御により、正確で一貫した溶接が可能になります。窒素圧力が安全なレベルを下回ると、圧力センサーが発熱体への電力を遮断し、発熱体が誤って過熱する可能性を減らします。統合エアレス溶接機は、溶接部の平滑化と熱硬化性ポリウレタンの修理に使用されます。8203Nitro-Fuzer®を使用すると、高品質のプラスチック溶接が簡単になりました。

システムは完全に組み立てられて出荷され、使用する前にセットアップするのに数分しかかかりません。セットアップと使用のビデオとクイックスタートガイドは以下にあります。8203には、さまざまな溶接棒、ハンドシーマー、およびアルミニウムテープが入った3つの溶接棒オーガナイザーケースが同梱されています。発熱体と誤用を除くすべての部品を対象とする2年間の「バンパートゥバンパー」保証が適用されます。

8202-Jプラスチック修理用NITRO-FUZER®窒素溶接システム

Polyvanceの8202-J Nitro-Fuzer®プラスチック溶接システムは、10年以上にわたってPolyvance溶接機を業界で最も人気のあるものにした実績のある機能と新しいイノベーションを組み合わせています。ほぼすべての種類のプラスチックで最速かつ最強のプラスチック修理を行うことで、生産性をすぐに高めるために必要なすべてが付属しています。窒素ガスによる溶接は、溶接プロセス中のプラスチックの酸化を排除するため、可能な限り強力な溶接を作成します。8202Nitro-Fuzer®溶接機は、熱風と窒素の溶接機能を組み合わせて、最大限の汎用性を実現しています。この溶接機は、窒素およびエアレス溶接機の温度を正確に制御するデジタルエンコーダーを備えています。また、トーチがホルスターから取り外されると空気から窒素に自動的に切り替わり、トーチがホルスターに戻されると自動的に空気に戻ります。流量計と組み合わせた精密レギュレーターにより、溶接プロセスで使用されるガス量を究極的に制御できます。窒素圧力が安全なレベルを下回ると、圧力センサーが発熱体への電力を遮断し、発熱体が誤って過熱する可能性を減らします。統合エアレス溶接機は、溶接部の平滑化と熱硬化性ポリウレタンの修理に使用されます。

システムは完全に組み立てられて出荷され、使用する前にセットアップするのに数分しかかかりません。8202-Jには、さまざまな溶接棒、ハンドシーマー、およびアルミニウムテープで満たされた3つの溶接棒オーガナイザーケースがパッケージされています。発熱体と誤用を除くすべての部品を対象とする2年間の「バンパートゥバンパー」保証が適用されます。

8003-J NITRO-FUZER®プラスチック溶接システム

8003-J Nitro-Fuzer®窒素プラスチック溶接システムは、単純化されたアナログ窒素溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、実質的にあらゆる自動車プラスチックに窒素溶接を経済的に行うことができます。

このNitro-Fuzer®には、窒素ボトルを交換する手間をかけずに連続窒素用の窒素発生器が含まれています。窒素ガスを使用してプラスチックを溶接すると、プラスチックが加熱されている間に酸化がなくなるため、優れた強度の結合が作成されます。圧縮空気源をなくすことで、溶接機は常に100%の窒素で稼働でき、空気から窒素に切り替える必要がなくなります。8003-Jは精密な流量制御を備えているため、ユーザーは流量と温度を基材の種類と厚さに合わせることができます。薄くて壊れやすい素材を溶接するために、他の方法ではできないことを行うために、流量と温度を非常に低いポイントまで下げることができます。非常に厚い基板を溶接する場合、温度と流量を大幅に増加させて、より多くの熱を溶接部に伝達できます。アナログフローゲージは、溶接プロセスで使用されるガスの量に関する繰り返し可能な基準を溶接機に提供します。発熱体の寿命を延ばすために、システムに低圧の安全スイッチが組み込まれ、空気の流れが安全なレベルを下回った場合、発熱体への電力が遮断されます。

8002-J NITRO-FUZER®プラスチック溶接システム

8002-J Nitro-Fuzer®プラスチック溶接システムは、単純化されたアナログ窒素溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、実質的にあらゆる自動車プラスチックに窒素溶接を経済的に行うことができます。

このNitro-Fuzer®は、圧縮空気と窒素ボトルを使用して、可能な限り強力な溶接を行うように設計されています。窒素タンクを交換する手間をかけずに連続窒素が必要な場合は、窒素発生器を備えた8003-Jまたは8203-J溶接機の入手を検討してください。8002は精密な流量制御を備えているため、ユーザーは流量と温度を基材の種類と厚さに合わせることができます。薄くて壊れやすい素材を溶接するために、他の方法ではできないことを行うために、流量と温度を非常に低いポイントまで下げることができます。非常に厚い基板を溶接する場合、温度と流量を大幅に増加させて、より多くの熱を溶接部に伝達できます。アナログフローゲージは、溶接プロセスで使用されるガスの量に関する繰り返し可能な基準を溶接機に提供します。発熱体の寿命を延ばすために、システムに低圧の安全スイッチが組み込まれ、空気の流れが安全なレベルを下回った場合、発熱体への電力が遮断されます。

統合されたエアレス溶接機は、溶接部の平滑化に理想的であり、熱硬化性ポリウレタンの修理に不可欠です。

8002-Jのコストを削減するために、溶接機とカートは2つの別々の箱に入れて出荷されます。溶接機は完全に組み立てられて準備ができていますが、カートを組み立てる必要があります。カートの組み立てに役立つ詳細な手順とビデオがボックスに記載されています。溶接カートアセンブリの手順、セットアップと使用のビデオ、およびクイックスタートガイドは以下にあります。8002-Jには、さまざまな溶接棒、ハンドシーマー、およびアルミニウムテープで満たされた1つの溶接棒オーガナイザーケースが同梱されています。発熱体と誤用を除くすべての部品を対象とする2年間の「バンパートゥバンパー」保証が適用されます。

8200-J NITRO-FUZER®窒素プラスチック溶接機(スタンドアローン)

8200-J Nitro-Fuzer®窒素プラスチック溶接機は、高度なデジタル熱風プラスチック溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、事実上あらゆる自動車用プラスチックに高品質の溶接を行うことができます。

8200-Jは、作業台に設置できる単一のガスプラスチック溶接機です。ショップの空気をつなぎ、すぐに溶接を始めてください。PolyvanceのNitrocell Nitrogen Generatorと組み合わせて、最も強力な修理を行います。8200は、連続的な空気の流れ(または窒素発生器がある場合は窒素)を使用することで、プラスチック溶接を簡素化します。

8200-J Nitro-Fuzer®は、実質的にあらゆるタイプのプラスチックを溶接できる技術的に進歩したプラスチック溶接機です。アナログ流量計、精密流量バルブ、およびデジタルでエンコードされた温度制御により、正確で一貫した溶接が可能になります。窒素圧力が安全なレベルを下回ると、圧力センサーが発熱体への電力を遮断し、発熱体が誤って過熱する可能性を減らします。統合エアレス溶接機は、溶接部の平滑化に使用され、熱硬化性ポリウレタンの修理に不可欠です。

8201-J NITRO-FUZER®窒素プラスチック溶接システム(スタンドアローン)

Polyvanceの8201-J Nitro-Fuzer®プラスチック溶接システムは、デジタル窒素溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、実質的にあらゆる自動車プラスチックに窒素溶接を経済的に行うことができます。窒素ガスによる溶接は、溶接プロセス中のプラスチックの酸化を排除するため、可能な限り強力な溶接を作成します。

8201-J Nitro-Fuzer®は、作業台に設置できるデュアルガスプラスチック溶接機です。圧縮空気と窒素ボトルを使用して可能な限り強力な溶接を行うように設計されています。また、オプションのNitrocell Nitrogen Generatorを使用して窒素を無限に供給することもできます。

この溶接機は、窒素およびエアレス溶接機の温度を正確に制御するデジタルエンコーダーを備えています。また、トーチがホルスターから取り外されると空気から窒素に自動的に切り替わり、トーチがホルスターに戻されると自動的に空気に戻ります。統合されたエアレス溶接システムは、溶接部の平滑化に使用され、熱硬化性ポリウレタンの修理に不可欠です。

他の競合製品とは異なり、8201は精密な流量制御を備えているため、ユーザーは流量と温度を基材の種類と厚さに合わせることができます。薄くて壊れやすい素材を溶接するために、流量と温度を非常に低いポイントまで下げることができます。他の人ができないこと。非常に厚い基板を溶接する場合、温度と流量を大幅に増加させて、より多くの熱を溶接部に伝達できます。流量計は、溶接プロセスで使用されるガスの量に関する繰り返し可能な基準を溶接機に提供します。発熱体の寿命を延ばすために、システムに低圧の安全スイッチが組み込まれ、空気の流れが安全なレベルを下回った場合、発熱体への電力が遮断されます。

8201-J Nitro-Fuzer®は完全に組み立てられており、すぐに使用できます。

8000-J NITRO-FUZER®窒素プラスチック溶接システム(スタンドアローン)

8000-J Nitro-Fuzer®窒素プラスチック溶接機は、単純化されたアナログ熱風プラスチック溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、事実上あらゆる自動車用プラスチックに高品質の溶接を行うことができます。これは、作業台に設置できる単一のガスプラスチック溶接機です。圧縮空気または窒素供給と100V電源を接続するだけで、溶接機を使用する準備が整います。圧縮空気で使用するように設計されていますが、窒素発生器で使用して、可能な限り強力な溶接を行うことができます。

8000-J Nitro-Fuzer®溶接機は、テクノロジーによる溶接のシンプルさを実証しています。精密な流量制御バルブと流量計を組み合わせることで、溶接プロセスで使用されるガス量を最終的に制御できます。発熱体の焼損を防ぐために、低圧安全スイッチがシステムに組み込まれています。空気の流れが低下しすぎると、スイッチは空気加熱素子への電力を自動的に遮断します。

統合エアレス溶接機は、溶接部の平滑化、熱硬化性ポリウレタンの修理、溶接熱可塑性部品への補強メッシュの追加に最適です。また、熱風溶接機のバックアップとして、または生産性向上のために別の技術者が使用することもできます。

8001-J NITRO-FUZER®窒素プラスチック溶接システム(スタンドアローン)

8001-J Nitro-Fuzer®窒素プラスチック溶接システムは、簡素化されたアナログ窒素溶接機と従来のエアレスプラスチック溶接機を組み合わせたものです。これらの溶接機を1つのパッケージにまとめることで、実質的にあらゆる自動車プラスチックに窒素溶接を経済的に行うことができます。

8001-J Nitro-Fuzer®は、作業台に設置できるデュアルガスプラスチック溶接機です。圧縮空気と窒素ボトルを使用して可能な限り強力な溶接を行うように設計されています。また、オプションのNitrocell Nitrogen Generatorを使用して窒素を無限に供給することもできます。

8001-Jは精密な流量制御を備えているため、ユーザーは流量と温度を基材の種類と厚さに合わせることができます。薄くて壊れやすい素材を溶接するために、流量と温度を非常に低いポイントまで下げることができます。非常に厚い基板を溶接する場合、温度と流量を大幅に増加させて、より多くの熱を溶接部に伝達できます。流量計は、溶接プロセスで使用されるガスの量に関する繰り返し可能な基準を溶接機に提供します。発熱体の寿命を延ばすために、システムに低圧安全スイッチが組み込まれており、空気の流れが安全なレベルを下回った場合、発熱体への電力が遮断されます。

統合エアレス溶接機は、溶接部の平滑化、熱硬化性ポリウレタンの修理、溶接熱可塑性部品への補強メッシュの追加に最適です。

このモデルにはカートがありません。部品を溶接機に持っていくのではなく、部品を溶接機に持っていくワークテーブルまたはワークステーションに置くことを意図しています。可搬性が必要な場合は、カートに付属している8002を検討してください。

ニトロセル窒素発生装置

ポリバンス・ニトロセルニトロゲンジェネレーター(Nitrocell Nitrogen Generator)は、プラスチック溶接のための窒素製造を飛躍的に進歩させました。ニトロセルは最先端の独自の膜分離技術を利用して、圧縮空気を2系統に分離します。一方は97%〜99%+純窒素であり、もう一方は、酸素・二酸化炭素・水および他のガスの混合物になります。
窒素流は、熱可塑性プラスチックを溶接する為に使用されプラスチック溶接機に導かれます。残りのガスは大気に排出されます。

3段階の濾過システムにより、清浄な空気のみが窒素膜に到達することが保証されます。磁気アクセスドアにより、フィルタの状態を素早く簡単に確認できます。ニトロセル発生器は、使用頻度により、フィルターの交換が必要になります。

ニトロセル発電機は、圧縮空気または窒素を使用するあらゆる熱空気溶接システムにとって貴重な付加価値です。ニトロセルでは、窒素を購入する必要はありません。ニトロセルが継続的に窒素を生産するため、窒素を使い切ることもありません。可動部分やエレクトロニクスがないため、ニトロセルも存在する最も単純で信頼性の高い窒素発生装置になります。