BLOG

ありのままに
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スロットタブ修理
  4. バンパースロットタブ修理

バンパースロットタブ修理

バンパースロットタブ亀裂により、バンパーを廃棄していませんか?

スロットタブ修復作業のご提案

Nitro-Fuzer®8000-Jシリーズ窒素プラスチック溶接機と6146バンパープライヤーキットを使用してスロットタブ修正を簡素化できます。

薄肉のスロットタブを強度、柔軟性を損なうことなく修理が可能です。

Nitro-Fuzer®8000-Jシリーズ窒素プラスチック溶接機により、母材、溶接ロッドを溶融させポリプロピレンの素材そのものの素材を、燃焼による、汚染、酸化を出来る限り排除することが出来ます。

プラスチックと母材を、しっかり溶融させ、6146バンパープライやキットで、プレスをかけ、溶接部分の密度を上げます。

切削

形成。Nitro-Fuzer®窒素プラスチック溶接機とポリバンス溶接ロットと修理方法により、上面だけの施工で、修復が完了。強度、柔軟性は、損傷前と変わらないほどの状態になる。

従来の修理方法では、スロットタブ修復後では、爪部などスロットタブが、乗り越えることが出来ずに、また、タブとしての本来の機能が発揮できないという局面に頭を悩ませたケースが多い技術者が多いことでしょう・・。

今、現在、自動車プラスチックパーツの環境問題、部品の高額化によるトータルコストなど何でも、交換という、選択肢は、ポリバンスにより、1択ではなく修理も可能という選択肢も増えました。またしっかりとした修理、しっかりした知識、しっかりした機能修復は、新品に対する対価に値する・・・。

新しい価値の創造がはじまる・・・。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事