NEWS

お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 5210-J ファイバーフレックスリペアキット 日本仕様 新発売

5210-J ファイバーフレックスリペアキット 日本仕様 新発売

5210-J ファイバーフレックスリペアキット (日本仕様) 新発売になります。

ファイバーフレックス(15本)とエアレス溶接機、強化ワイヤーメッシュのセットになります。

画期的なファイバーフレックスユニバーサルロッドとエアレス溶接機で、プラスチック修理がローコストで、本格的にプラスチックの穴埋め修理、亀裂修理等さまざまな修理が可能です。プロからDIY・ユーザーまで、あらゆるニーズに対応しています。

 

FIBERFLEX®とは

Uni-Weld FiberFlexは、プラスチック基板に付着する画期的な修理材料です。 それは真の溶接ロッドではなく、熱可塑性ホットメルト接着剤になります。 FiberFlexで修理を行う場合、エアレス溶接機の熱を使用して FiberFlexを塗布します。 FiberFlexは非常に強力な接着力を持ち、カーボン繊維とガラス繊維で強化されているため、抜群の強度を発揮します。
FiberFlexは、最も一般的な自動車のバンパー材料であるTPO(別名TEO、PP / EPDM、TSOP)を修復する一般的な方法です。 その理由は、まったく同じ2つのTPOがないことです。 その結果、TPO(R05シリーズ)溶接ロッドは、厳密にはどのTPOとも完全には一致していません。
FiberFlexは、ほぼすべてのプラスチックの修理にも使用できます。 ウレタンやXenoyにも付着します。

修復しているプラスチックの種類がわからない場合は、FiberFlexを試してください。

 

損傷部にV溝を作る
6481または6485アルミニウムボディーテープまたはクランプを使
用して、亀裂部の表面を揃えます。
V-6122ヘビーデューティラウンドバリ、6125ヘビーデューティ
テーパーバリ、または6134-Rラウンドカッタービットを備えたダ
イグラインダーを使用して、プラスチックを部品の裏側の亀裂部
を中心に広いV溝の形状幅が約4cmになるように切削します。


・80グリットまたはより粗いサンドペーパーでV溝を研磨して、
プラスチックに「歯」を入れることが非常に重要です。 低速グラ
インダーを使用してください。 高速で粉砕すると、多くの熱可
塑性プラスチックが溶けやすくなります。
・ギヤサンダーまたはダブルアクションサンダーで80グリットを
使用して、周囲の塗膜領域を削ります。
V溝の形状を段差が無いように滑らかに研磨、形成します。 V溝
部を80グリットのペーパーで手研ぎし、しっかりとしたヤスリ目
を作ります。
FiberFlexを溶かす


エアレス溶接機を最高温度に設定し、6031ティアドロップ溶接
チップを使用して(R10-04)FiberFlex溶接ロッド(リボン形状)の
表面を溶かします。ロッドを裏返して、溶融部分がプラスチック
に付着させることで、最高の接着力が得られます。 溶接チップの
エッジを使用してリボンの溶融部分を切り取り、 FiberFlexをV溝
に広げます。 FiberFlexと一緒にベース材料を溶かそうとしないで
ください。 Fiber-Flexを使用した修理は、ろう付けプロセスに似て
います。
表面のV溝溶接


・裏面のFiberFlexが冷めた後(水で強制冷却することもできま
す)、表面で裏面と同様にV溝溶接工程を施工します。
V溝部のFiber-Flexを表面の面よりもわずかに高く構築します。
FiberFlexは研磨可能なフィラーでもあります。
仕上げ処理


・FiberFlexを完全に冷却した後、ギヤサンダーまたはダブルア

クションサンダーを低速回転で80グリットより細かいグリット
へと変更し、徐々に粗い目を消していきます。180グリットの
ぺーパーで研磨しパテ工程へと進みます。
・FiberFlexまたは2000 フレックスフィラー2または2020 SMC
ハードセットフィラーのスキムコートを使用して、低スポット
を埋めます。

 

お知らせ

お知らせ一覧