BLOG

ありのままに
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 鳥居自動車有限会社様6085-C-J +6066窒素発生器付きを納品

鳥居自動車有限会社様6085-C-J +6066窒素発生器付きを納品

鳥居自動車有限会社様に6085-C-J+6066窒素発生器を納品いたしました。鳥居自動車有限会社代表取締役鳥居社長は先日ポリバンスのトレーナー制度認定試験に優秀な成績で合格致しました。おめでとうございます。また機材の導入誠にありがとうございます。

鳥居自動車様は以前から6049-Jモデルを使用して頂いてました。トレーナー認定制度は、ポリバンスの上位機種を使用していることが条件事項にございましたので、導入をしてくださいました。

御社様の利益向上を応援しております。また樹脂溶接機のアメリカでの普及率はアメリカ全土の鈑金工場約38000社に対して約50パーセント程の普及率でございます。ほとんどの鈑金工場が使用している機材になります。日本は今年1月から輸入が開始。日本全土鈑金工場約40000社に対して普及率はまだ0.75%程なのです。今までは、プラスチック部品が強度を維持させながらの修復が非常に困難でした。また修理不可能なものが修理可能となり、ヘッドランプのステーなどの折れ、または、バンパーの亀裂等で、新品部品の交換の選択、中古部品の選択肢しかありませんでした。廃棄部品も出ず、経費がかからないものは、損傷部品を修復することです。また中古パーツは、高額である場合が多く、また、車歴の新しい車、人気車種は、中古パーツが出回っていないのが現実です。またパーツの全体の傷が多いのも現状でございます。事故による損傷は、損傷部だけの損傷を修復するものなので、樹脂溶接機の導入により比較的簡単に修復することが可能になります。鳥居自動車様の利益向上を応援いたします。また鳥居自動車様のお客様のトータルコストの削減に大いに貢献できることと思います。また保険屋さんの協定金額も抑えることが出来、入庫促進に繋げられることでしょう。この度は、誠にありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事