BLOG

ありのままに
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ウレタンバンパー/スポイラー修理
  4. 他社では、不可能だったものを可能に・・・。

他社では、不可能だったものを可能に・・・。

当社に問い合わせがありました。フロントスポイラーが割れてしまったので直りますか?というお問合せでした。素材は、ウレタンバンパー日本では、修復不可能とされているバンパーである・・・。

すぐさま修復は可能とご連絡致しました。関東の方で、関東方面の販売代理店、ユーザー様に連絡し、取次を致しました。

車両の損傷もありました様です。

事の運びで、お客様の了解も得て、茨城県の根本自動車工業所様へ引き継ぎ依頼を致しました。

フロントスポイラーは、ウレタン製で、日本では、ウレタン製の製品は、自動車補修業界では、修復不可能とされています。

オーナー様は、このスポイラーを再度取付けたいとの事ですが、製品は、製廃品だそうで、修復したいとのご希望でした。

ポリバンスウレタンロッドで修復。

ウレタンバンパーは直らないという不可能を可能することができました。

その他作業。またポリバンス窒素シールドプラスチック溶接機で、ヘッドランプを修復。

しっかりと溶接。

フロントバンパーの亀裂も修復。 素材PP

下地工程

塗装前の状態。

ウレタン素材のバンパーが直りました。

ここまでの画像提供をしてくださいました。

ポリバンス製品使用によるプラスチック修復は、製廃したパーツも蘇らせることが出来ます。かつトータルコストは、部品交換をしていない為、格段に落とすことが出来ます。

不可能を可能にできました。

カーオーナ様から取次ぎ店にありがとうというお礼の電話があったそうです。

この度は誠に有難うございました。

自動車補修業界の底上げ、カーオーナー様の幸せの極大化が実現出来ればと思います。

茨城県 根本自動車工業所

その他最寄りのポリバンス窒素シールドプラスチック溶接機導入企業様のご紹介https://jyusiripea.com/%e5%b0%8e%e5%85%a5%e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%b8%80%e8%a6%a7/

この度は、誠にありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事